このシミはこれ以上取れませんでしたラベルとシミ抜き済タグこのしみはこれ以上落ちませんでした!』

こんなラベルが付いて洗濯物が帰ってきたら

そりゃへこみますよね(v_v)

しかもその下には

『色々手を尽くしましたが

このしみは落ちませんでした。これ以上の処理は

布地をいためます。ご了承下さいませ。』

との断り書きと、おまけにていねいにしみ抜き箇所としみ抜き済のタッグまで‥‥‥。

 

布地が傷む!とまで言われたら、もうだめ押しで、みなさんあきらめるんじゃないでしょうか。

(クリーニング屋さんがもう取れない!って言ってるんだから‥‥‥ しょうがないわね 

o( _ _ )o ショボーン‥‥‥。)

(しみを付けたのは私なんだし(-。-;)‥‥‥ う~~ん、でも、あきらめきれないわ(`ヘ´)!)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

「このしみ、取れますか?

他のお店に出したら落ちませんって言われたんですけど‥‥‥。」

こういってお持ちになるお客様、最近は増えてきました。

シミがきれいになると思ってクリーニングに出したのに、残ってしまった。

でもまだ十分着れる服だし、落ちるものならもう少しお金を掛けてもいいから

きれいにしてもらいたい‥‥‥。

その気持ちがひしひしと伝わってきます。

しかもしっかりと他店の「落ちませんでした」ラベルを付けたままで(笑い)

 

はっきり言います!!

と・れ・ま・す・!! しっかりと!!

 

いつぞやは、やはり例の「落ちません」ラベルをしっかり付けたまま(笑)の服を

持ってきたお客様。

どうやら、そのお店から直行で当店にいらしたご様子。

「そのお店にもう一度、しみ抜きを頼んでみたらいかがでしょう?

たいていはやってくれますよ。」

と言ったんですが、

「どうせ無駄そうみたいだし、もう一度頼むのもいやだし‥‥‥。」

と歯切れが悪い。

シミが取れなかったので、ショックのようです。

 

「わかりました!まずは取れるかどうかちょっとテストしてみますね。」

うちはカウンターのすぐ脇にしみ抜き機をおいているので

お客様の目の前でしみ抜きができるのです。

ということで、シミをみると、どうも食べこぼしのよう‥‥‥。

とりあえず水ですすいでみました。

 

ブォ~~、ビィーー‥‥‥しみ抜き機を使っている音ですσ(^◇^;)

 おならではありません!

んっ、んんん‥‥‥取れちゃったヨ、あらら!! まじヵょ>(゚∈゚*)

お互いに交わす目と目‥‥‥

しばらくの沈黙‥‥‥。

 

「あの~、お代は結構ですぅ~ (*´;ェ;`*) ウゥ・・・」

クリーニング代、取りそびれちゃったじゃないか!ヾ(`ε´)ノ ぶーぶー

そりゃそうです、水だけで落ちた物にお代なんかいただけません!

『色々手を尽くしましたが、、、』って、私が使ったのはただの水。

本当に手を尽くしたんでスかぁ?

 

そんな事情なので、写真はありません。

てか、そんなつまらん写真、載せてもねぇ・・・。