とうとう、第三弾になりました。

またまた、続きです。

 

なぜ、このシミは…のお知らせラベルをつけるのか?

このシミはこれ以上取れませんでした (1)

まじめにしみ抜きしていたら、その行程のところに

品物がたまってしまうからです。

熱がかかると、シミは取れづらくなるので

たいていは、仕上げ前か、洗う前に、しみ抜きするはず。

 

洗われた服がどんどんくる・・・

しみ抜きが追いつかずにたまる・・・

仕上げが遅れる・・・

毎夜残業 ・・・

 

これでは数をこなせません!

あの値段で、できるわけがありません!

安さの秘密は、掛けるべき手間を掛けずに、数をこなしているからです。

 

お客様にはぜったい口にはしないでしょうが、内心では

しみ抜きなんかやるな、とにかく洗ってどんどん仕上げていけばいい。

そのぶん安くしてるんだから!

だいたい、この値段でちゃんと落としてもらおうなんてのが

虫がよすぎるんだよ!

そんな思惑が見え隠れします。

お客様は落として欲しいから、わざわざお金を払ってクリーニングに出すのにね。

 

よく聞く話で組合員のお店に、大手チェーンの取次所の受付を

している方が、自分の服だけを持ってくるんだそうです。

落ちないから…って(笑)

しかも、奥さんが! ですよ!

旦那さんのは出さないそうです。

なんか寂しくなってきますが‥‥‥(v_v)ヨょょ

一番よくわかっているのは、取次所の奥さん、ということですね。

 

お客様にしてみれば、大手チェーンも個人店も

「クリーニングという看板を掲げていれば、どこでもいっしょよ!」

安売り店が個人店と同じように落としてくれる、という幻想はもう、いだかないでください。

 

ですから 、

このシミはこれ以上取れませんでした (4)

落ちませんでした!」ではなく、

落としません!」あるいは「落とす技術がありません!

という表示にしてもらいたいですね。(苦笑)