日本人が世界一清潔好きなわけ 1

さて、なんで外国ではドライで問題ないのに

日本ではウェットクリーニングが必要なんでしょう?

 

ズバリ!気候です。

 

ちょいわる親父の代表のジローラモさんもおそらくお悩みだと思うんですが

イタリアの気候は日本に比べて湿度が少ないんですね。

だからあまり汗をかかない。

汚れも皮脂汚れ程度ですから、ドライで十分なんですね。

 

それは私が初めての海外!!

あこがれのアメリカ西海岸に新婚旅行で行ったときにも実際に強く感じました。

地図画像

レンタカーを借りてロスアンジェルスから海岸沿いに北上してサンフランシスコ

そこから一路東の内陸部に向かってヨセミテ国立公園

山越えしてさらに内陸部に入りデスバレー

南下してラスベガス

ロスアンジェルスに戻る、よくあるコースです。

走行距離、約4000キロ!

さすがにアメリカはでかい!!

 

こんなに走り回るんですから、ぶっ飛ばし過ぎて、二度もパトカーに捕まっってしまった ヽ(゚Д゚;)ノ!!

しかし、おまわりさんの英語がまったくわからず、無罪放免になってしまった、罪な店長です。

そんなことはどうでもいいのですが、『大陸』というものを車で走ってみて、その広大さを実感しました。

海岸沿いのハイウェイを走っているときは、11月なので夜になると少し肌寒いくらいだったのですが、

ひとたび山を越えて内陸部に入ると…

image

ヨセミテ国立公園を抜けて、デスバレーに向かう途中です。

とたんに西部劇に出てくるような、土だらけでぽつぽつとしか植物が生えていない風景…

ヨセミテ国立公園を抜けて、デスバレーに向かう途中です。「水気が全然ねぇ~ヒー!! ノ)゚Д゚(ヽ!!」

「みどり、緑が見たい~ (゚ロ゚; )!( ;゚ロ゚)/(゚ロ゚; )!( ;゚ロ゚)/」

と思ったものでした。

 

途中で見つけたボトル入りのコカコーラ、あまりの大きさにうれしくなって

思わず買っちゃったんですが、当時の新妻は

「そんなに飲めないでしょ!?」

と言っていたんです……

そこへいきなりの灼熱地獄!

窓を開けて走っていてもぜんぜん涼しくならず、とうとうエアコン全開で走ることに…。

夏にはオーバーヒートする車がでるほど(なんと!50℃)の気温になる「デスバレー」というところ。

まさしく「死の谷」‥‥‥

例のボトル入りコーラ、ふたりで奪い合うように飲んで、しっかりカラになりましたヽ(゚Д゚;)ノ!!

のどは渇くので、汗はかいているはずなんですが、でも服はさらっとしているんですね。

額に汗さえにじまない‥‥‥。

DSCF0019

これがそのボトル↑

みたことがない珍しいボトルだったので持って返ってきたのですが

約1リットル入ります。これに氷を入れてコーラを入れてくれるんです。

外側の黒いカバーはウエットスーツの厚地のやつみたい。

何回でも使えるのでいまだに使っています。

 

あれ?おれ、何を言いたいんだっけ?

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA