日本人が世界一清潔好きなわけ 2

 

さてさて話がどんどんずれるので、元に戻して‥‥‥

 

ちょいわる親父の代表のジローラモさんもおそらくお悩みだと思うんですが

イタリアの気候は日本に比べて湿度が少ないんですね。

だからあまり汗をかかない。

汚れも皮脂汚れ程度ですから、ドライで十分なんですね。

ここからでした。

 

日本と外国各地の気候の違いをご覧ください。

世界の気候の違いgraph1

世界の降水量の違いgraph2

クリーニング界の「ご隠居」こと

大阪クリーニング研究所所長のサイトからお借りしました。

大阪のデータなのが、微妙ですが

最高気温はローマも大阪もそれほど変わりません。

パリやロンドンよりもダンゼン高い、つまり、暑い。

むしろ、ローマは冬は大阪より暖かい。

 

では、降水量はどうでしょう?

こんどは大阪がだんぜん高い!

特に梅雨時~秋雨の降水量。

いかにローマが夏はカラッとしているか、よくわかります。

日本は高温多湿の気候だと言うことです。

 

日本人は毎日お風呂に入る・・・

外国の方は驚きます。

日本は湿度が高いので、肌がべたべたします。

毎日お風呂に入らなきゃ、気持ち悪くないですか?

と外国の人たちに言いたい。。

 

しかも、日本はきれいな水が豊富にある。

お風呂をわかすための木もたくさんある。

(いったい、どんな時代だ!)

べたべたする汗や皮脂を取るには、お湯が一番ですもん。

それに冬はお湯に浸かって温まりたいですよね。

温泉も豊富にあるし。

 

もう、中世のころから日本ではそういう生活習慣ができあがってるんです。

400年以上もこういう習慣で生きてきた日本人ですから

清潔好きになるのも当たり前ですよね。

 

ジローラモさんも日本に来たら服が汚れるんで困ったと思うのですが

そこは日本の気候風土に合わせて発展した

世界でも優秀な技術を持つ日本のクリーニング業界!

しかも、ある中国人のブログで、

日本人は「完璧を求める強迫的観念」を持っている。

日本人が何事にもまじめに、念入りに取り組む理由は、潔癖と深い関係があるのでは?

とまで書かれる日本人の気質。

 

だからいつもきれいなファッションでいられるんだと思いますよ!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA