前回話した、消費生活センターは、クリーニングとの関わりが深いところです。

クリーニングは、多種多様な素材、アイテムのものを取り扱うため、どうしても事故やトラブルが起きてしまう。

トラブルは避けて通れないんです。kinu_40

トラブルになって、らちがあかないときに相談されるといいのが、消費生活センター。

クリーニング屋さんの中には、目の敵にしている人もいるでしょうが、

むこうもトラブルに関してはプロ!

豊富な知識を持っていますから、へたなクリーニング屋さんなら、

逆にやりこめられますよ(笑)

 

あっ、でもみなさんも、いきなりここへってのは、やめてくださいね。

ろくに話し合いもせず、いきなり相談される方もいるようですよ。

相談員の方、言ってました(笑)

そりゃ、クリーニング屋さんに文句を言うのは、いやだろうけど、

クリーニング屋にとっても、トラブルは今後改善するための大事な情報。

まずは、クリーニング屋さんとじっくり話し合うのが、先です。

ってね!

 

そして、どうしてもこれ以上進展が見込めそうもない・・・って時に、ここ

国民生活センターのサイトに飛びますので、右上の「ご相談はこちら」をクリック。

あなたの地区の受付窓口の電話番号を調べられます。

クリーニングトラブルの事例をたくさん持ってるので、ぴったりなアドバイスをしてくれます。

クリーニング屋さんもここから公平な判断の指摘を受けますから、いい方向で

解決できると思いますよ。

口紅女性

ひげ店長も買い物した品物の相談を、ここにしたことがありますが、

たいへん親切に、じっくり話を聞いてくれますし、適切なアドバイスをしてくれました。

おかげで、ちゃんと解決しましたぁ~。