「今日は県青年部生ビールパーティだぁ。3時半に汽車で行く。」

妻のにやにやした顔を背に、仕事をとっとと終えて、シャワーを浴びて、いそいそと駅へ…。

6時開始だが、十文字から秋田までは約2時間の列車移動。

この時間に出発しなければ間に合いません(;^_^A アセアセ…。

いや~、JRも学生時代以来で、久しぶりに乗るとつい癖で、「汽車」と言ってしまう…

だってあのころはみんな「汽車通学」って言ってたんだから。

さすがに蒸気機関車じゃなくて、ディーゼル機関車だったから、ほんとは汽車っていうのもちょっと変だろうけど。

もちろん、いまは電車になってシートも通勤、通学用の縦一列のタイプ。

しかも冷房完備だぜ!

暑がりの俺には助かるよ、ほんと。

あのころは冷房なんてなくて窓全開で涼んでたなぁ…

と思っていたらなんと!あの懐かしい向かい合わせのシートがあった。

三分の一ほどがこのシートで、残念ながら埋まっていたので座れなかったけど、なんか学生時代に戻った気分。

かわあいい女子高生が乗ってきた日には、ついつい目がいってしまうのも学生時代から変わらず。

まぁったく、いくつになってもひげ店長は成長していないのです σ(^◇^;)

 

刈和野を過ぎたら学生の姿はなく、一般人だけ。

ちょうど停車していた上りの列車はほとんど学生で埋まっている。

秋田市近辺に通学している学生たちだろうが、いまは夏休みに入ったからクラブか補習なのだろう。

車内がゆったりしてくると、レールのカタンカタンという音が子守歌に聞こえてくる。

リズミカルなこの音と、ゆっくりと揺らされているような振動についつい眠くなってくる。

よく運転手や車掌は眠くならないもんだなぁ…なんてことを考えながら、しばしのお休みタイム。

 

秋田駅から会場までは歩いていく。

もちろん生ビールをおいしく飲むためで~す!

約20分の歩きでほどよく、体が渇きを覚えてきた頃、到着。

集合時間10分前ほどに到着したので、まだそんなにメンバーが集まっていないだろうと思っていたら

すでに5~6人が来ていて、イガイ…<;O_o>!

『秋田時間』は30分遅刻のはずだが、みんなやっぱりこの暑さに生ビールをきゅーっと…。

月初めでしかも、夕方6時と、ふだんならみんなまだ仕事をしている時間だろうに、出席率のいいことだ!

とはいえ、俺も3時から仕事を休んできているんだから、人のことはな~んもいえないんだけど。

会社勤めと違って、我々自営業はこういう団体にでも入っていなければ、滅多に飲みに行く機会がない。

だからなのか、「消防団に入った、下っ端だからたいへんだ。」、という一人のメンバーの話から

俺は商店街だ、商工会だ、親の会だ、スポ小だとみんないろいろと入っている。

別に飲みだけが目的じゃなく、日中、割と自由がきく自営業はなにかと役をやらされることが多い。

クリーニングという、地元密着の仕事だからできることで

でも全国的に後継者不足で、個人店も減っている…

青年部の役割はますます大きくなってきている…

なんてことを、ちょっとまじめに考えて、ジョッキを飲み干す我々でありました。